[浦和vs新潟]〜阿部の魂込めた同点弾!MF陣にコメント〜

今回の記事では、阿部、柏木、関根、宇賀神選手にコメントします。

スポンサーリンク

阿部 勇樹

失点の場面では、相手のカウンターに対してボールを奪いきれず、そのままゴール前までボールを運ばれてしまいました。

一発で飛び込んだところを交わされてしまいましたのであの場面の対応はよろしくなかったかなと思います。

ただ、そんなミスなど吹き飛ばすくらいの同点ゴールを決めてくれました。

敗戦ムードが漂っていた中で、チームを生き返らせる本当に大きな1点だったのではないでしょうか。

特に得点後の大きなガッツポーズに阿部のこの試合に対する気持ちの入り方を強く感じることができましたし、キャプテンとしてチームを引っ張る素晴らしいプレーだったと思います。

ヒーローインタビューで語った、浦和レッズ、ここから這い上がっていきましょう!この言葉を信じてついていきたいと思います。

柏木 陽介

ボランチの位置から攻撃の起点となり、チャンスメイクをしていました。

しかし、ゴール前で細かなパスをつなぎすぎて、結局ボールを奪われカウンターを受ける場面が多くあり、ストレスのたまる試合となってしまいました。

相手をパスで崩してゴールを決めたいと言う気持ちはわかりますが、今のチーム状況では、積極的にシュートを打っていくことの方が重要でしょうし、無駄なカウンターも減らすことができるのではないでしょうか。

それでも、この試合で生まれた2ゴールはともに柏木のCKから得点につながりましたし、チームを救うプレーができたのではないでしょうか。

関根 貴大

右サイド、シャドー、左サイドとポジションを変更しましたが、どのポジションでも積極的に仕掛ける関根の気持ちがとてもプレーに現れていたと思います。

夏場の苦しい時間帯でも運動量が落ちることなく、逆に試合終盤に一つギアをあげたように縦横無尽に走り回っていました。

関根のプレーがチームに勢いをもたらしたと言ってもいいのではないでしょうか。

ここから連戦が続くので、怪我のないようしっかりと調整して欲しいと思います。

宇賀神 友弥

怪我明けから久しぶりのスタメン出場でしたが、宇賀神が入ることで少しは守備に安定をもたらすことができていたのではないでしょうか。

失点シーンにおいても、一度は宇賀神のところでシュートストップできていましたし、カウンターへの対応の仕方も悪くなかったと思います。

また、左サイドから積極的に仕掛け、ラファヘの決定的なクロスを供給するなど攻守にわたり、左サイドをうまくコントロールできていたと思います。

あとはフル出場できるコンディションに早く持って行って欲しいと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする