[浦和vs新潟]〜勝ったことは勝ったけど・・・DF陣にコメント〜

今回の記事では、西川、那須、森脇、槙野選手にコメントします。

スポンサーリンク

西川  周作

失点シーンでは、西川のパンチングが中途半端になったところを押し込まれてしまいました。

カウンターからの攻撃で処理の難しいボールではあったと思いますが、ニアにDFを立たせるなど対応の仕方は他にもあったのではないでしょうか。

やはり本来の西川からは程遠いプレーになってしまっている印象です。

キックの精度もイマイチですし、何か復調のきっかけを作りたいところですね。

那須  大亮

遠藤が出場停止ということで、先発出場となりましたが、あまり安定したプレーを見せることができなかったのではないでしょうか。

相手のクリアボールに対してかなりバタつく場面が多くありましたし、ファールで止めるのが精一杯というシーンもありました。

また、失点のシーンではクロスに対して少し中途半端なポジショニングだったのではないかと思います。

チームの状況が悪い状態でかかる負担が多くなってしまっていることはあると思いますが、もう少し安定したプレーを期待したかったですね。

攻撃面では落ち着いて左右にボールを散らせていたと思いますが、もう少し縦パスを多く入れられればよかったと思います。

森脇  良太

同点ゴールは森脇のミドルシュートから生まれました。

あのシュートはしっかりと抑えの効いた良いシュートだったと思います。

そのほかの場面でも、右サイドで攻撃の起点となり、なんとかしようという気持ちの伝わるプレーを見せてくれました。

細かなミスは相変わらず何度か見られましたが、なんだかんだ浦和に必要な選手だと感じました。

槙野  智章

この試合では矢野貴章と競り合う場面が何度かありましたが、確実に跳ね返すことができていました。

試合を通して比較的安定したプレーができていたのではないでしょうか。

ただ、やはりカウンターを受ける場面などで槙野の戻りが非常に遅いことが気になります。

ロングボールに対して一歩カバーに入るなどちょっとしたプレーをサボるくせが身についてしまっているのでしょうか。

復調のきっかけはそういった小さなことの積み重ねが大切ななのではないでしょうか。

前半終了間際のフリーキックからの決定機は決めて欲しかったところです。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする