[浦和vs広島]〜関根が歴史に残るスーパーゴール!MF陣にコメント〜

今回の記事では、遠藤、阿部、関根、駒井選手にコメントします。

スポンサーリンク

遠藤 航

この試合ではボランチとして出場しました。

試合を通して悪い出来ではありませんでしたが、やはり遠藤はリベロでの起用がベストなのではないかなという印象でした。

中盤でのボール奪取などは非常に魅力的でしたが、組み立ての部分では判断の遅さが目立ちましたし、若干のぎこちなさを感じました。

また、3失点目は遠藤らしくないパスミスから失点に絡んでしまいました。

リベロの位置に戻ってからはいつも通り安定したプレーを見せてくれました。

阿部 勇樹

柏木が一つ前のポジションに入っていたこともあり、攻撃の起点になる回数が多かったように感じました。

また、的確な読みと体を張った守備で相手の攻撃の起点を潰していましたが、後半に入ると体力的な問題なのか、カバーに入るタイミングが遅れる場面が目立ちました。

2失点目は、柏のドリブル突破に対して、阿部のカバーが遅れてしまったことが要因の一つになっていたのではないでしょうか。

もう少し試合をうまくコントロールして欲しいところです。

関根 貴大

今日のヒーローは間違いなくこの選手でしょう。

敗戦ムードが漂っていた中でズラタンの同点ゴールをアシスト、後半ロスタイムにはハーフライン付近からドリブルを開始するとそのまま広島DF陣6人を次々と交わし、劇的な逆転ゴールを決めました。

90分間フルで走り続けていた状態でのあのドリブルはさすがとしか言えませんね。

磐田戦の長谷部のゴールのように、将来語り継がれるゴールになったのではないでしょうか。

この試合のゴールが無駄にならないように、次の試合でもレッズを引っ張っていって欲しいと思います。

駒井 善成

先制点の場面では柏木のボールにうまく反応し、興梠のゴールをアシストしました。

しかし、それ以外では対峙した柏に完全に振り切られてしまう場面や、ドリブルが引っかかってしまう場面が目立ちました。

試合後のコメントで、痛め止めを飲んでも痛かったといっていたので、相当厳しい状況でのプレーだったのかもしれませんね。

宇賀神が負傷しておりチームとして苦しい状況ですが、なんとか連戦を乗り切って欲しいと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする