[浦和vs広島]〜槙野は毎試合なにを修正しているのか。DF陣にコメント〜

今回の記事では、西川、那須、森脇、槙野選手にコメントします。

スポンサーリンク

西川  周作

この試合でも3失点と守備が崩壊してしまいましたが、この試合の失点シーンに関して言えば、西川にはノーチャンスだったのではないでしょうか。

2、3本良いセーブもありましたし、悪くはない出来だったと思います。

ただ、西側の持ち味であるキックの精度がものすごく落ちていることが気になります。

この試合でも直接タッチラインを割ってしまうボールが何度かありました。

西川に今必要なことは自信を取り戻すことだと思いますので、今日の勝ちをポジティブに捉えてほしいと思います。

那須  大亮

失点の多いDF陣の修正を行うため、スタメン出場となりましたが、チームの守備を劇的に改善することはできませんでした。

失点の原因がサイドにあるというのに真ん中の選手だけを代えてもなかなか効果はないでしょうし、那須にとっては厳しい状況だったのではないでしょうか。

しかし、那須自身のプレーも良かったとは言えるものではなく、相手FWにほとんどボールを収めさせてしまったり、競り合いで負けてしまったりと攻撃の起点を作られてしまっていました。

次の試合からはまた遠藤が元のポジションに戻った方が良いと思われても仕方ないのではないでしょうか。

森脇  良太

この試合では森脇の判断の遅さが非常に目立っていました。

せっかく奪ったボールをもたもたキープしているうちに、相手に囲まれ、ボールを奪われ、再度チャンスを作られてしまう場面が多かったように感じました。

また、この試合ではパスミスも多く、右サイドでコンビを組んでいた駒井とともにかなりひどい出来だったと思います。

まずはシンプルにプレーすることを大事にして、今までのプレーを取り戻してほしいと思います。

槙野  智章

何回言えば良いのでしょうか。

この試合でも守備の脆さを露呈し、失点に絡んでしまいました。

毎試合守備の修正をすると言っていますが、なにを修正したのでしょうか。

1失点目はお手本のようなボールウォッチャーでマークを完全に外し失点に絡みました。

2失点目も同じ相手に対して見事に体を入れられ、後ろに逸らさせてしまいました。

3失点目は直接失点には絡んでいませんが、DFであるはずの槙野がゴール前にすら戻って来ていないとはどういうことでしょうか。

試合全体を通して、守備をサボっている回数が多すぎますし、攻撃参加した後、自分のポジションにちんたら戻っているのも非常に目立ちます。

まずは基本に立ち返ることが必要なのではないでしょうか。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする