[浦和vs磐田]〜チームの前に個人の守備の安定が必要なのでは?DF陣にコメント〜

今回の記事では、西川、遠藤、森脇、槙野選手にコメントします。

スポンサーリンク

西川 周作

昨年に続き最悪な誕生日になってしまいました。

1、2失点目は明らかに西川の判断ミスから失点でしたし、

「飛び出すならしっかり触る」というキーパーの基本的な動きが全くできずに失点に直結してしまいました。

また、3失点目に関しても、西川が大事にしている最後まで動かずに我慢するということができず、相手がシュートを打つ前に動いてしまったことにより逆を取られる形となってしまいました。

今シーズン失点が続き、なかなかうまくいかない中で、色々と考えてしまうのかもしれませんが、まずは基本に立ち戻ってまた一からやり直して欲しいと思います。

遠藤 航

代表戦でフル出場してから中4日での試合でしたが、疲れを感じさせないプレーを見せてくれました。

不安定な守備陣の中で最低限の仕事はこなせていたのではないでしょうか。

前半は川又との競り合いに苦労しているように見えましたが、徐々に対応に慣れてくると試合後半には、競り合いでほとんど勝つことができていました。

ただ攻撃面では、ブロックを敷いてきた相手に対して、有効な縦パスを入れることができず、自ら持ち込むなど試行錯誤はしていましたが、結局決定的なボールを供給することができていませんでした。

疲れが溜まっていると思うので、しっかりと休んで欲しいと思います。

森脇 良太

2失点目の場面ではカウンターからアダイウトンについていくことができませんでしたが、あの状況でアダイウトンに走り勝つことはほとんど不可能であったと思うので、森脇のことは責められないかなという印象です。

しかし、その他の場面では磐田の勢いに押されてなかなか自由にプレーをさせてもらえない場面や、森脇の裏への弱さが何度か見られました。

攻撃面では関根とのコンビネーションで何度か右サイドからチャンスを作り出せていましたので、やはり守備の部分が課題になってくると思いました。

槙野 智章

3、4失点目は槙野のマークに簡単に裏を取られての失点でした。

試合終盤に槙野が裏を取られて失点するのを何回見ればいいのでしょうか。

3失点目は、相手のワンツーに全くついていかず、だらだらとジョギングしているだけ、4失点目は必死にオフサイドをアピールするも取ってもらえずそのまま簡単に失点。

安い失点が多い、チームとして安定した守備をなどと言っていますが、まずは個人個人がしっかりと自分のやるべきことをできないうちはチームとしての守備の安定にはつながりません。

しっかりと自分のプレーを見つめ直して欲しいと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする