[浦和vs柏]〜前半ATに痛恨の失点、DF陣にコメント〜

今回の記事では、西川、遠藤、森脇、槙野選手にコメントします。

スポンサーリンク

西川 周作

前半のATに失点し、2試合連続の無失点とはいきませんでした。

前半、後半ともに何度か訪れたピンチでは見事なセーブを見せていましたが、もったいない失点となってしまいました。

強いて言うのであれば、クロスに対するもっと良い準備ができていたとは思いますが、難しい処理ではあったと思います。

それでもこの試合では、西川のところまで積極的なプレッシャーがきていた中で、つなぐところ、セイフティーに蹴るところの使い分けがよくでいていたのではないでしょうか。

ロングボールの精度がイマイチだったのが気になりますが・・・

次の試合まで期間が空くので、しっかりと休養し、気持ちを切り替えて欲しいと思います。

遠藤 航

水曜に120分の試合を戦い抜き疲労が溜まった中での試合でしたが、柏攻撃陣をよく抑えられていたと思います。

1失点はしたもののそれ以外の場面では、うまく抑え込めていました。

ビルドアップで多少のミスはありましたが、最低限の仕事はできていたのではないでしょうか。

森脇 良太

ACLでヒーローになった森脇、この試合でも調子の良さが伺えるプレーが何度かありました。

前半には、李の落としから決定的なボレーシュートを放ちましたが、惜しくも相手GKの中村に阻まれてしまいました。

また、ビルドアップの場面でも、関根、駒井とのコンビネーションでチャンスを作り出せていましたし、攻めるところ守るところの使い分けがうまくできていたと思います。

ただ、失点の場面ではややボールウォッチャーになりマークを外して失点につながってしまいました。

森脇はボールウォッチャーになりマークを外してしまうことがよくあるので、今後の課題ですね。

槙野 智章

守備の部分では、クリスティアーノをうまく抑え込めていたと思います。

ただ、攻撃の部分では、無理なドリブルを奪われてカウンターを受ける場面などが散見されました。

今日のような、疲労が溜まっている状態での試合であのようなカウンターを受けるとかなり体力を消耗してしまいます。

先制されるまでは、攻撃を自重してうまくバランスが取れていただけに、先制されてからも慌てずに、プレーして欲しかったところです。

セットプレーのヘディングは相変わらず・・・と言った感じですが、せめて枠には飛ばしてください。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする