[浦和vs清水]〜後半ガス欠で試合をコントロールしきれなかったMF陣にコメント〜

今回の記事では、柏木、阿部、駒井、関根選手にコメントします。

スポンサーリンク

柏木 陽介

後半の途中失点するまでは素晴らしいプレーで攻撃の中心となり、何度もチャンスを作り出していました。

ただこの試合では、最終ラインから前線まで動き回りボールを引き出し続けていたせいか、後半の途中から完全にガス欠状態になってしまいました。

特に1点を返された後は、ボールを受けても縦に急いだようなプレーが多く、チームとして落ち着く時間を作り出す頃ができておらず、結果的に逆転されてしまう展開になってしまいました。

チームが劣勢に立たされた時、運動量が落ちてきた時の戦い方を再確認していかなければなりませんね。

それでも、やはり柏木が出場すると、攻撃が非常にスムーズになり、ワクワクするような攻撃が見れますので、今後のレッズの攻撃陣を引っ張っていって欲しいと思います。

阿部 勇樹

この試合でも安定したプレーで、相手の攻撃の芽を摘んでいました。

またこの試合では、前線に駆け上がっていく回数も多く、試合終了間際にはオーバーヘッドキックを見せるなど、積極的なプレーであったと思います。

ただ、全体的に運動量が落ちてきた時にどういう戦い方をするのか、キャプテンとして共通の意識を持たせるなどできることはあたのではないでしょうか。

駒井 善成

右サイドのドリブル突破から何度もチャンスを作り出し、興梠の2点目をアシストしました。

攻撃だけでなく、守備にも積極的なプレーを見せ、チームの運動量が落ちてきた中でも、駒井の運動量はほとんど落ちることはありませんでした。

夏場でここまで走りきれる選手は非常に貴重な存在であると感じました。

そして、今シーズンの駒井はボールコントロールが非常によくなったと感じます。

昨年まではロングボールに対するトラップなどにミスが多い印象でしたが、この試合ではピタッと足元に収めていました。

確実に成長している証なのではないでしょうか。

関根 貴大

この試合でも左サイドでの出場でしたが、積極的な仕掛けで相手守備をかき回していました。

興梠の1点目のシーンでは、関根が左サイドから中へ切れ込んでシュートを打ったところのこぼれ球からゴールが生まれました。

前半はずっと日向でのプレーとなり、体力の消耗が激しかったでしょうが、サイドをよく走りきっていたと思います。

左サイドでの槙野との守備の連携があまりうまくいっていないように感じたのでそこは課題になってくるのではないでしょうか。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする