[浦和vs清水]〜槙野のミスで失点したことを本人は自覚しているのか、DF陣にコメント〜

今回の記事では、西川、遠藤、槙野、宇賀神選手にコメントします。

スポンサーリンク

西川  周作

3失点はしたものの、西川のビッグセーブがなければもっと失点していてもおかしくない試合内容でした。

特に試合終了直前のCKの場面ではあわや失点というシュートをなんとか防いでくれましたし、あれを決められていればそのまま敗戦となっていました。

欲を言えば、相手の2本のスーパーシュートのうちどちらかを塞いで欲しかったところですが…

しかし、無失点を意気込んでの3失点ですから反省すべき点は多くあると思います。

遠藤  航

最終ラインのパス回しで何度かボールを失いかけてヒヤッとする場面がありましたが、それ以外の場面では、長短のパスを組み合わせてうまく攻撃の形を作り出せていたと思います。

ディフェンスラインから一気に裏を狙ったボールなどでチャンスも演出していました。

また、鄭大世との競り合いでも臆することなくしっかりと対応できていたのではないでしょうか。

しかし、後半に入ると少し対応が雑になり、体を入れ替えられてしまう場面や、ファールの数も少し増えてしまいました。

体力的に疲れてきたときのディフェンスの仕方を考えなければなりませんね。

槙野  智章

2失点目、3失点目は槙野の対応ミスからの失点だったと思います。

2失点目のシーンでは、しっかりとした準備ができていればチアゴアウベスのところにボールが入る前にクリアできていたはずですし、簡単に裏を取られてしまいました。

3失点目のシーンでは、ロングボールに対して目測を誤り、これまたチアゴアウベスと入れ替わる形になり、間合いが離れたところでミドルシュートを決められてしまいました。

そして、失点にはつながりませんでしたが、槙野が守備をサボったことでピンチを迎えた場面も見られました。

また、コーナーキックからも3本決定機を迎えたにもかかわらず、決めることができませんでした。

ヘディングの練習をしているかどうかわかりませんが、毎回あれほど体が伸びきった状態で思いっきり力んでシュートを打っても入る気がしません。

もう少し学習してほしいと思います。

宇賀神  友弥

この試合でも森脇の代わりとして右CBでの出場となりました。

後半の失点するまでは非常にバランスのとれたプレーができていましたし、右サイドに入った駒井とのコンビネーションも良く、完全に右サイドを支配できていたと思います。

1失点目の場面では鄭大世への対応が少し甘くなったところを決められてしまいましたが、宇賀神の守備力ではあのようになっても仕方ないかなといった感じです。

次の試合からは森脇が戻ってくるため、左サイドでのプレーになると思いますので、槙野とともに守備の人立て直しをしてほしいと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする