浦和vs鹿島〜2試合連続無得点、点の取り方を忘れたか?FW陣にコメント〜

今回は、武藤、興梠、ラファエルシルバ選手にコメントします。

スポンサーリンク

武藤  雄樹

この試合でも不調の波から抜け出せませんでした。

前を向いてのプレーがほとんどできず、中盤まで落ちて来てダイレクトで戻すプレーに終始していた印象です。

また、簡単なミスも非常に多く、攻撃の停滞感にも繋がっていたのではないでしょうか。

一度気持ちをリフレッシュする必要があるのではないでしょうか。

興梠  慎三

前半にはラファエルシルバへの決定的なパスを出すなどチャンスは作り出していましたが、得点につなげることはできませんでした。

この試合では守備に回る機会が多く、そのでかなり多くの体力を使ってしまったのではないでしょうか。

また、鹿島戦ではいつもそうなのですが、鹿島を意識しないようにしすぎて逆にいつものプレーができていないように感じます。

好調だったときのイメージを思い出してまたゴールを量産してほしいと思います。

ラファエル・シルバ

カウンターからドリブルで持ち込んだ場面ではレオシルバに抑えられてしまいましたが、可能性を感じるプレーだったと思います。

その他にも右サイドの連携から惜しいシュートを放ちましたし、ポストプレーでは流石のキープ力でした(同時に球離れも少し悪かったように思いますが)。

ただ、堅く守ってくる相手に対して、なかなか点が取れないとイライラしてきてしまうようなプレーもありました。

今までは非常にリラックスしてシュートが打てていたのに、かなり力んでいるように見えましたし、枠を大きく外れたシュートが増えてきたように感じます。

メンタル面のコントロールが今後の課題になってきますね。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする