[浦和vs大宮]〜公式戦43試合ぶりの無得点。精彩を欠いたFW陣にコメント〜

今回の記事では武藤、興梠、ラファエルシルバ選手にコメントします。

スポンサーリンク

武藤 雄樹

全体的に動きが悪く、後半開始早々に交代となってしまいました。

前半終了間際には、槙野のクロスから絶好のチャンスを迎えましたが、シュートは枠の外を大きく超えてしまいました。

また、この試合では運動量もいつもほどなく、前からのプレスもうまくはまりませんでした。

この試合だかでなく、最近の数試合であまり調子が良くないように感じるので、調子を取り戻してほしと思います。

興梠 慎三

興梠のミスから痛恨の失点へとつながってしまいました。

森脇からのボールをフリックしたところをかっさらわれてしまいました。

プレーの選択肢がわっるかったとは思いませんし、これからもあのプレーを続けていくべきでしょうが、流れが悪い中で敗戦に直結するミスをしたとこは反省しなければなりません。

また、これまでの試合でゴールを多く奪えている影響か、この試合では余裕を持ちすぎたプレーが多かったと思います。

一度原点に立ち返ってなぜ点を取れていたのか考える必要があると感じました。

次の鹿島戦では古巣相手にゴールを決めてほしいですね。

ラファエル・シルバ

これまでの決定力が嘘のように、この試合ではシュートがなかなか枠に飛びすらしませんでした。

また、後半に入ってからは非常に苛立っているようにも見え、プレーい力みがあるようにも感じました。

自分のプレー、チームのプレーが上手くいかない時のメンタルコントロールが今後の課題ですね。

ラファエルシルバにもこういう時があるんだなという試合だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする