[浦和vs大宮]〜踏ん張り切れず失点、この試合も完封できなかったDF陣にコメント〜

今回の記事では西川、遠藤、森脇、槙野にコメントします。

スポンサーリンク

西川 周作

前半に訪れた1対1のピンチでは最後まで動かない見事な対応でシュートをストップしました。

それ以外の場面では失点するまで相手の枠内シュートがほとんどありませんでした。

失点の場面では、ニアサイドを撃ち抜かれての失点でしたので、止めて欲しかったところですね。

次の鹿島戦では、無失点でいってほしいと思います。

遠藤 航

この試合では安定感をやや欠いていたように感じました。

1対1で入れ替わられてしまう場面が何度か見られ、決定機も作られてしまいました。

また、ビルドアップの場面でもなかなか遠藤のところから効果的な縦パスを入れることができず、ロングボールが多くなってしまった印象です。

それでもチームとして流れが良くない中で、よく踏ん張っていたと思います。

森脇 良太

連戦の疲れからか、やや精彩を欠いたプレーだったように思います。

特に守備面では、簡単に交わされてしまう場面やクリアミスからあわやという場面を作ってしまいました。

また森脇らしくないトラップミスも見られ、森脇自身、全体的にストレスのたまる内容だったのではないでしょうか。

それでも、失点してからは右サイドの深い位置からのクロスで何度かチャンスを作り出せていましたし、攻撃面に関しては悪くない出来だったと思います。

槙野 智章

この試合ではいつもより攻撃参加する回数が多かったですが、あまり得点の匂いは感じられませんでした。

惜しいヘディングシュートやミドルシュートもありましたが、いつも最後のところでかなり力んでいるので、なかなか枠内に飛ばすことができていません。

ドリブルに関してもいつも同じコース取りなので、相手ディフェンスからすると抑えやすい攻撃になってしまっているのではないでしょうか。

それでも守備面に関しては、ピンチで体を張ったプレーが見られました。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする