[浦和vsシドニー]〜柏木、青木、関根、駒井選手にコメント〜

今回の記事では、柏木、青木、関根、駒井選手にコメントします。

スポンサーリンク

柏木 陽介

中盤でフリーの状態でボールを受けることが多く、決定的なパスを何本も送っていました。

あそこまで自由にやらせてもらえれば柏木としても非常にやりやすかったのではないでしょうか。

後半はやや疲れが見え、運動量が落ちてしまいましたが、試合をうまくコントロールできていたと思います。

青木 拓矢

もはや阿部の代わりとは言わせないほどの安定感を見せてくれました。

前への推進力、効果的な攻撃参加、リスクマネージメントなど攻守にわたり運動量が豊富でしたし、ボール奪取の回数も非常に多かったと思います。

ただ、最終ラインでのパス回しにおいては、阿部と比べると若干のぎこちなさを感じたので、そこは今後の課題になってくるのではないでしょうか。

関根 貴大

普段とは逆の左サイドでの出場でした。

先制点の場面では関根を左で起用した効果がはっきりとでており、中に入って右足でのシュートを冷静に決めました。

関根を左で起用することで、縦へのドリブルと中へ切れ込んでのシュートと選択肢が広がりますね。

右サイドでも切れ込んでからの左足でのシュートがあれば良いですが、そこは今後の課題です。

後半開始早々に腰を痛めたようなそぶりをしていたため交代となりましたが、次の試合に影響がないことを願います。

駒井 善成

キレキレのドリブルで右サイドを何度も突破していました。

ズラタンへのアシスト、李へのアシストを決め、結果も残しました。

あと駒井に足りないのはゴールだけでないでしょうか。

この試合でもドリブルで自らゴール前まで侵入し、シュートを打つ場面がありましたが、シュートの精度はやや低かったように感じました。

関根と同様、中へ切れ込んで左足でのシュートに課題があるかなといった印象です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする