[浦和vs札幌]〜宇賀神のクロスから関根のゴール!MF陣にコメント〜

今回の記事では阿部、柏木、関根、宇賀神選手にコメントします。

スポンサーリンク

阿部 勇樹

細かなパスミスが目立ち、ヒヤっとする場面や、カウンターを受ける場面を作られてしまう場面がありました。

最近、なんでもないようなところでのパス回しで一瞬気の緩みを感じることがあるので気をつけたいところですね。

それでもセカンドボールへの反応は非常に早く、カウンターを受けそうになる場面で阿部がことごとく潰していたのではないでしょうか。

スタジアムで見ていると、動き出しの早さが特にわかりやすく、阿部のボール奪取から2次攻撃、3次攻撃と攻撃に厚みを持たせることができていました。

柏木 陽介

先制点は柏木のCKから生まれました。

今シーズンはセットプレーからの得点が多くなってるように感じますし、柏木のキックがレッズの武器になってくるとレッズの攻撃にさらなる厚みが増すのではないでしょうか。

また、低い位置から、サイドに散らすパスや縦への鋭いパスなど攻撃をうまくコントロールできていたと思います。

ただ、ラファエルシルバとの相性がまだあまり良くないようで、スルーパスが合わない場面が何度か見られました。

興梠だけでなくラファエルシルバとの相性も良くなっていけるよう、連携を深めていってほしいですね。

関根 貴大

この試合では右サイドの関根が躍動していた試合だったと思います。

ドリブルから2、3人を交わして右サイドを突破するシーンが何度も見られ、レッズの攻撃にリズムをもたらしていました。

また、自ら裏に抜け出し決定機を作るなど得点への意欲も見られました。

ただ、キーパーとの1対1では消極的になってしまい、パスを選択するなどまだまだ課題は残りました。

それでも同点に追いつかれた後には、強烈なシュートをねじ込みレッズを勝利に導くゴールを決めるなど、試合全体を通して最も活躍したのではないでしょうか。

宇賀神 友弥

今シーズンここまで非常に調子が良かったですが、この試合では少しパスミスなど細かいミスが多かったように感じました。

1失点目は宇賀神がラインを上げきれずにオフサイドを取ることができず、失点につながってしまいました。

それでも関根のゴールの場面では宇賀神の積極的な仕掛けからのクロスから得点につながりましたし、サイドでの仕掛けという部分では十分脅威になっていたのではないでしょうか。

昨シーズンはサイドで仕掛ける場面が非常に少なかったので、今シーズンはこのまま積極的な仕掛けを大事にしてほしいと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする