[浦和vs札幌]〜札幌相手に2失点のDF陣にコメント〜

今回の記事では札幌戦の西川、遠藤、森脇、槙野選手にコメントします。

スポンサーリンク

西川  周作

3試合連続無失点中でしたが、今日の試合では2失点を喫してしまいました。

1失点目はディフェンスラインを完全に突破されての失点だったので、止めるのは難しかったと思います。

2失点目のFKは壁の間を抜けてきたボールだったようなので、対応が難しかったでしょうが、距離もそこそこあったのでポジショニングなどもう少しできることがあったのではないでしょうか。

また、今日の試合では西川らしくないキックミスが何度か見られるなどあまり調子が良くなかったのかもしれません。

それでも興梠のミスパスからピンチを迎えた場面では素早い判断で飛び出すなど良いプレーもありました。

遠藤 航

相手のキープレイヤーである都倉に対して一歩も引かない対応で、自分より体格の勝る相手との競り合いにも負けていませんでした。

都倉に得点を与えなかったと言う結果は良かったと思います。

また、攻撃面でも、興梠やラファエルシルバへのロングボールを通すなど攻撃のスイッチを入れられていましたし、この試合では最数ラインからドリブルで持ち上がるなど積極性を見せてくれました。

ただ、1失点目の場面では都倉にボールが入った際、中途半端に前に出てしまったことで空いたスペースに走りこまれ、失点してしまいました。

一瞬の気の緩みのようなものかもしれませんが、ああいった対応は避けたいですね。

森脇 良太

森脇のところでボールが収まっていましたし、関根へのボール供給もうまくいっていたので、良かったと思いますが、この試合では1トップ2シャドーへの楔のパスがなかなか出せていないように感じました。

ボールは持てているが、なんかうまくいかないような感じがしました。

試合後本人も、「試合全体としての呼吸が合わず難しかった」と語っている通り、札幌との相性なのか、選手間の関係性なのか、いつもとは違う感覚だったのでしょう。

槙野 智章

1失点目の場面では、都倉の動きにつられて、兵藤のマークを外してしまい失点につながってしまいました。

あの場面では槙野と遠藤の二人が都倉に対応してしまったため、兵藤が浮いてしまう状況になっていたので、マークの受け渡しをしっかりすべきだったでしょう。

それ以外の場面では特に大きなミスはありませでしたが、最近の槙野のプレーはどこか安定感がないように感じます。

競り合いでは勝てているけれども、しっかりと弾き返せず相手ボールになるシーンなどが見られるような気がします。

少し力みすぎなところもあると思うので、しっかりと調整してほしいと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする