浦和vs甲府〜西川、遠藤、森脇、槙野選手にコメント〜

今回の記事では、甲府戦の出場選手にコメントしていきたいと思いいます。

まずは、西川、遠藤、森脇、槙野選手についてコメントしていきます。

スポンサーリンク

GK 西川周作

前半に関根に出したロングボールは、バックスピンをかけたナイスボールで、得点になっていてもおかしくないようなプレーでした。

また、そのプレー以外にも、クリアボールを味方FWにしっかりとつなげるなど、キックでチームの攻撃のリズムを生み出していました。

しかし、相手が積極的に前からプレスをかけてきている中で、中途半端にパスをつなごうとして、危うい場面を作るなど、ミスも少しあったように感じました。

最終ラインでのミスは相手が強くなれば失点に直結するので修正して欲しいと思います。

DF 遠藤航

体のキレがまだまだ上がってきていないなという印象でした。

相手FWのキックフェイントに簡単に引っかかり、置き去りにされてしまうシーンなどが見られ、遠藤らしくないなと感じました。

また、この試合では、パスの精度もあまり高くなく、簡単なパスミスなども見られました。

それでも、失点後の後半の途中からはボランチに入り、相手に流れが傾きかけていた中で、しっかりと試合を締める働きをできていました。

ボランチに入ってからは精度の高いロングボールを逆サイドに供給するなど、ユーティリティー性の高さを示してくれました。



DF 森脇良太

先制点の場面では、関根とのワンツーで相手のディフェンスラインを切り裂く見事なスルーパスを通すなど、レベルの高いプレーを見せてくれました。

その他の場面でも、森脇のいる右サイドから多くのチャンスを作り出しており、攻撃が始まる起点になっていたのではないでしょうか。

最近森脇に対する批判をよく耳にしますが、やはり森脇がいないと今のレッズの連動性のあるサッカーは出来ないのではないかと思います。

ただ、ここ数試合で失点に絡んでいる回数が多いのも事実で、この試合でも失点には直接絡んだとは言い切れませんが、森脇がボールウォッチャーにならずにドゥドゥのマークをできていれば防げた失点だったかもしれません。

攻撃面では申し分ない活躍を見せてくれていますので、守備面での対応に課題がありますね。

DF 槙野智章

最近の槙野のプレーはあまりパッとしない印象です。

攻撃に参加しても、毎回同じようなドリブルしかしないため、完全に相手に読まれているように感じますし、槙野の攻撃参加による攻撃の活性化はあまり行えていないように思います。

また、守備面においても、ハイボールに対して後ろに被ってしまうプレーが2、3度見られるなど、本調子とは言えないプレーでした。

次の上海戦では上海の強力FW陣に対応しなくてはなりませんので、本来の槙野のプレーを取り戻して欲しいと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする