浦和vs甲府〜甲府相手に4発快勝は気持ちがいい!〜

甲府といえば、ガチガチに守備を固めてくるチームで、埼スタでは毎年なかなかゴールを奪えずにギリギリの試合が多かったのですが、昨日の試合では珍しく4点を奪い快勝しました!

甲府は監督が変わり、生まれかわろうとしているみたいで、昨日の試合でもいつもの甲府とは違い、前からプレスをかけてきていたので、その影響もあるかもしれませんね。

それにしても、今年のレッズは得点力がとにかく凄いです!

公式戦6試合で20得点、ラファエルシルバが入ったことで、攻撃の流れが非常にスムーズになっているように感じます!

さらに、ソウル戦を含め、大量得点の試合で異なる選手が1得点ずつ決めており、一人の選手に依存していないことも素晴らしいことですね。

特に前線の3人はこの試合でも全員が得点しており、相手DFからしたら誰を抑えたらいいのかわからない状況になっているのではないでしょうか。




そして、前線の3選手に加えて、この試合では関根が大活躍でした!

興梠、武藤のゴールのアシストに加え、李のゴールにも絡むなど、合計3得点に絡む活躍でした。

1アシスト目は、森脇とのワンツーで最終ラインを突破し、興梠のゴールをアシスト。2アシスト目は興梠のポストプレーからアーリークロスで武藤のゴールをアシスト。3点目は、ゴール前の混戦からドリブルで強引に突破してシュートを打ち李のゴールに絡む。

3点とも異なる形からゴールをお膳立てしていますね。

ドリブルでのサイド突破が最大の特徴だった関根のプレーの幅が大幅に広がったということではないでしょうか。

どのチームも関根に対しては2人のDFをつけてきて、縦への突破が厳しくなる状況で、パスワークや中への切り込みで得点に絡めるようになると、縦への突破がさらに生きてくると思います!

これからも関根の成長に期待したいですね!

スポンサーリンク

守備陣はまたも失点・・・

攻撃陣は大量得点しましたが、守備陣はこの試合でも失点してしまいました。

2点リードして、ポジションを変更した直後の失点と、やや集中力を欠いた一瞬の隙を突かれてしまいました。

あの時間帯はスタジアム全体の雰囲気もふわっとした感じで、その雰囲気が選手にも伝わってしまったのかもしれませんね。

ただ失点シーン以外にも、相変わらず不用意なパスミスからピンチを招く場面が多くありました。

毎試合、失点を反省しなければならないと言っておきながら失点を繰り返しているので、そろそろ無失点試合をみたいところですね。

今は点が取れているので、失点がそこまで大きくなっていませんが、点を取れなくなた時に失点が多いと厳しい戦いになってしまうので、点を取れている今のうちに修正して欲しいと思います。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする