浦和vs横浜FM〜敗因は「斎藤学」ではなく「2失点目」なのでは?〜

逆転した後、試合終盤に再逆転されるというものすごくがっくりきた昨日の試合から1日が経ち、録画しておいた試合を見直してみました。

ペトロビッチ監督は試合後の記者会見でこう言っています。

「今日はマリノスに負けたというよりも、斎藤学選手に負けたと言ってもおかしくない」と・・・

この言葉は本当に正しいのでしょうか。




確かに、1失点目と3失点目は斎藤学のドリブルから崩されて失点してしまいましたし、前半は失点のシーンに加えて、何度も斎藤学にサイドを突破されていました。

しかし、後半に入ってから、特に逆転に成功してから失点するまで斎藤学にはほとんどチャンスを作らせていませんでした。

さらに、レッズの同点ゴールが生まれたのは斎藤学が西川との一対一を外した直後のプレーで、斎藤学自身かなりがっくりきたと語っています。

そのがっくりきたメンタルを立ち直らせてしまったのは間違いなくCKからの同点ゴールが決まったことが要因でしょう。

他のマリノスの選手も、ほとんど攻め手がなく残り時間が少ない状況で同点に追いつけたことで、かなり勢いづいたと思います。

逆にレッズの選手は自分たちの勝利をほぼ手中に収めた状況で同点に追いつかれたことで焦りが生じ、前がかりになったことで自らオープンな展開に持って行ってしまいました。

あの同点ゴールがなければ、レッズが前がかりになることはなく、そうすれば斎藤学に広大なスペースを与えることもなかったのではないでしょうか。

試合終了間際のなんでもないCK、しかもマリノスの強さである高さを活かしたCKではなく、ニアで合わせられて決められてしまったことを反省するべきだと思います。

この試合に限らず、拮抗した試合ではセットプレーが鍵になってくることは言わずもがなですが、特にレッズはCKから点が取れないのですから、その分CKからの失点も少なくしないとこれから勝ち切ることが難しくなってしまいます。

守備に関しては一人一人しっかりマークをつけば良いのですから、しっかりと修正して火曜のACLからしっかりと修正して欲しいと思います。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする