ゼロックス杯〜柏木不在でうまくかみ合わなかったMF陣にコメント〜

今回の記事では、阿部、青木、菊池、駒井選手にコメントしていきたいと思います。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

スポンサーリンク

阿部勇樹 6.0


いつも通り安定したプレーを見せてくれました。

柏木がいなかった分、攻撃の組み立てに参加する場面が多くありましたが、縦パス、サイドに散らすパスなど効果的な組み立てができていたと思います。

また、一つ先を読んでボール奪取するプレーは、さすがだったのではないでしょうか。

そして左のストッパーに入ってからも安定した守備を見せてくれました。

ただ、いつもだったら奪いきれている場面でも、ファールになったり、奪いきれない場面も見られました。

まだまだ、コンディションが完全ではなくいつもより一歩、ワンテンポ遅れてしまうのでしょう、早くトップまで持って行って欲しいと思います。

青木拓矢 5.0


やはり先発出場だと青木の良さがあまり出ないのかなと思ってしまうような出来だったと思いいます。

前半の良い流れの中で、金崎へのプレゼントパスをしてしまい、そこから流れが鹿島に傾いてしまうなど、集中力を欠いたプレーが目立ちました。

また、2失点目の場面では、スルーパスに対してスライディングをしたものの届かずそのまま失点につながってしまいました。

あの場面ではスライディングするのならしっかりと触らなくてはいけないですし、触れないのなら滑らずについていく必要があったと思います。

守備時の対応にもまだまだ課題を残す結果となってしまいました。



菊池大介 5.5


時折見せる、力のあるドリブルは非常に魅力的だと感じましたが、それ以外の部分ではまだまだ、これから努力が必要であると感じました。

特に、周りとの連携やウイングバックの動き方などはこれから試合を重ねて徐々に身につけていかなければなりませんね。

ただ、初めはなかなかうまういかないと思いますが、焦ることなく今シーズンの後半戦までには完全にフィットできるようになると良いと思います。

駒井善成 5.5


試合開始早々は相手左サイドバックの選手をうまく揺さぶりながら、右サイドからチャンスを作り出すことができていました。

しかし、相手ディフェンスが駒井のドリブルに慣れてくると、そこからはほとんど右サイドを突破することができず、ボールを持っても詰まってしまう場面が散見されました。

また、中へ切り込んでシュートまで持っていく場面でも、シュートを打つタイミングがワンテンポ遅れて詰められてしまっていました。

これは昨シーズンからそうですが、中へ切り込んで左足でシュートするまでの一連の動作をもっとスムーズに持っていけるようになるとプレーの幅が大きく広がるのではないかと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする