ゼロックス杯〜前半何もさせてもらえなかった先発FW陣〜

今回の記事では、武藤、李、ズラタン選手にコメントしていきたいと思います。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

スポンサーリンク

武藤雄樹 6.0


前半は、李、ズラタンとのコンビネーションがほとんど合わず、苦労していた印象でした。

後半から興梠が投入されると、攻撃陣にリズムが生まれたこともあり、武藤自身もワンタッチプレーや自らドリブルで持ち込んで行くプレーなど効果的なプレーが見られました。

そして同点ゴールを決めた場面では、武藤らしいゴール前にしっかりと詰めたプレーだったと思います。

勝利には繋がらなかったものの、武藤のゴールはチームを勢いづかせる貴重なゴールだったと思います。

李忠成 5.0


ほとんど見せ場を作れないまま前半での途中交代となってしまいました。

ボールを受けても孤立する場面が多く、簡単にボールを奪われてしまうなどなかなかリズムを作り出すことができていませんでした。

李はサイドに開いてボールを受けたがりますが、そのプレーがダメだった時のプレーをもう少し工夫しなければならないと感じました。

前半での交代はACLを見据えた交代だったのかもしれないで、次の試合では今回の試合の反省を生かして活躍して欲しいと思います。



ズラタン 5.0


ズラタンのところでボールがなかなか収まらず、収まってもなかなか次の攻撃に繋がらず、攻撃が停滞してしまっていました。

後半に興梠が入ってからは、何度か前線でのコンビネーションでチャンスを作り出していましたが、自身に訪れた2度の決定機を活かしきれないなど、助っ人外国人としての役割を果たせていたとはお世辞にも言えない出来でした。

さすがにそろそろ擁護できないプレー内容になってきましたが、そんな声を吹き飛ばすような活躍をまだ期待しているので、頑張って欲しいですね。

ACLで勝ち上がっていくためには、ズラタンのような選手の活躍は必要不可欠だと思います。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする