ゼロックス杯〜ミス絡みで3失点のDF陣にコメントします〜

久しぶりの、選手評価をしたいと思います。

今回の記事では、西川、遠藤、森脇、宇賀神選手にコメントしていきたいと思います。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

スポンサーリンク

西川周作  6.0


先制点を奪われるまでの時間帯では、金崎、小笠原の決定的なシュートを左手一本でセーブするなど、不安定なディフェンスラインを西川の力でカバーできていたと思います。

また、鹿島がロングボールでディフェンスラインの裏のスペースを狙ってきたボールに対しては的確な判断で飛び出すなど守備範囲の広さを見せてくれました。

しかし、いくつかの場面でミスも見られました。

2失点目の遠藤のシュートはもう少しうまく対応すれば弾き出せたと思いますし、ディフェンスラインとの連携ミスからひやっとする場面もありました。

特に3失点目の遠藤のパスミスに関しては、西川が飛び出して処理するべきだったと思いますし、自分でいかないのならサイドへ逃げるよう指示を出すべきだったと思います。

まだ試合勘が完全に戻っているわけではないと思うのでACL、リーグ戦では的確な判断をしてほしいですね。

遠藤航  5.0


遠藤のパスミスから決勝点を献上してしまいました。

あの場面以外にも、背後のボールに対する処理がうまくできておらず、遠藤らしくない出来だったと思います。

また、金崎に簡単に振り切られてしまうなど体のキレもいまいちだったように感じました。

ただ攻撃面に関しては、最終ラインからの縦パスがよく通っていたので良かったと思いますが、逆サイドへのロングボールの精度はあまり良くなかったのではないでしょうか。

次のACLで出場するかはわかりませんが、今日のミスを反省して、しっかりと調整してほしいと思います。



森脇良太  6.0


ディフェンスラインの出来があまり良くなかった中で、森脇のプレーは全体的に良かったと思います。

特にセカンドボールや相手の縦パスへの対応が非常に早く、森脇のところで何度もボールを奪うことができていました。

また、最終ラインからのビルドアップの場面でも安定したパス回しができていたと思います。

しかし、前への対応は素晴らしかったものの、やはり裏へのボールに対する弱さは相変わらずで森脇のサイドから何度も突破されていたので、今シーズンはそこが課題になってくるのではないでしょうか。

宇賀神友弥  5.5


相変わらず可もなく不可もなく、といったプレーでした。

守備面ではゴール前でペドロジュニオールを止めるなど、貢献はできていたと思いますが、攻撃面では逃げのパス、逃げのパスの連続でした。

特にウインドバックになってからは、相変わらず消極的なプレーが目立ち、中途半端なプレーからカウンターを受ける場面も見られました。

確かに大きなミスはなかったものの、もう少し積極的なプレーが必要になってくるのではないでしょうか。

今回の記事は以上です。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする