[ゼロックス杯]浦和vs鹿島〜今日の負けはそこまで気にすることないかな〜

ゼロックススーパー杯見に行ってきました。

座席はまさかの最前列・・・

埼スタだったら最前列でも良いですが、日産の最前列は非常に見づらくボールが逆サイドに行くと、何が起こっているのかほとんどわからない状況でした。

ですが、12月3日以来のレッズ戦観戦だったので、いよいよ始まったなというワクワク感が増してまいりました。

スポンサーリンク

今日の負けは気にしなくて良いかな・・・

今日の試合は、柏木と槙野、ラファエルシルバがベンチ外、興梠がベンチスタートと火曜日のACLを見据えた采配となりました。

対する鹿島は、ほとんどベストメンバーで臨んできましたので、なかなか勝つのは難しい試合だったのではないでしょうか。

とはいえ、前半の内容はあまりにもひどかったですね。

攻撃が全く噛み合わず、高く設定したディフェンスラインの裏を取られ放題、相変わらずパスミスからのカウンターを受けるなど、何のために見に来たんだろうと思うほどひどい内容だったと思います。

しかし、後半から興梠が投入されると、攻撃に流動性が生まれ、レッズらしい攻撃が見られるようになりました。

さらに、関根と長澤が投入されると、関根のキレキレのドリブルから同点ゴールが生まれたり、長澤も途中出場ながらボールに多く絡み攻撃のリズムを作ったりなど、前半とは別のチームのようでした。

同点に追いついた後、ディフェンスラインの連携ミスからあっさりと勝ち越しゴールを奪われ、そのまま負けてしまいましたが、あの試合の流れから一度は同点に持っていけただけでもポジティブなことなのではないでしょうか。

もちろん勝つに越したことはありませんが、無理して勝ちに行って今後の連戦に影響が出るよりは、良かったのではないでしょうか。

これでACL、リーグ開幕戦と勝利することができれば、何も文句を言うことはないでしょう。

今日の試合に不満や苛立ちもあるでしょうが、ACLとリーグ開幕戦で結果を出せなかった時まで待って、今は選手たち、監督を信じて素直に応援するのが良いと思います。

そして、今日の試合でのミスは選手各々がしっかりと反省してもらうとして、結果に対して落ち込む必要は全くないと思います。

というか、落ち込んでいる暇などないので、ACLに向けてしっかりとコンディションを整えてもらいたいと思います。

オーストラリアは夏ですから、非常に厳しい戦いが待っていると思いますが、何とか勝利し、勝ち点3を持ち帰ってきて欲しいと思います。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする