天皇杯決勝〜鹿島と川崎、どちらを応援するべきか〜

本日、天皇杯の準決勝が行われ、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが決勝進出を決めた。

鹿島の国内2冠か川崎の初タイトルか、は全然どうでもよくて、そんなことよりも浦和サポからしたら、この決勝の結果によってACLでどの組に入るのかがかなり気になるところである。

さらには、鹿島が優勝した場合にはゼロックススーパーカップを戦わなくてはならず、その日程が気になるところである。

もうすでにご存知の方もいると思うが、もう一度、鹿島が優勝した場合と川崎が優勝した場合の組み合わせ及び日程について見ていく。

スポンサーリンク

鹿島アントラーズが優勝した場合

まずは鹿島アントラーズが優勝した場合、浦和レッズはGroup Fに入ることになる。

・Group F
FCソウル(韓国リーグ王者)
浦和レッズ(日本第2代表)
ウエスタンシドニー(豪州リーグ2位)
プレーオフ3勝者(おそらく上海上港)

・日程
2/12(日) さいたまシティカップvsFCソウル(駒場)
2/18(土) ゼロックススーパーカップ(日産)
2/21(火) ACL第1節vsウエスタンシドニー(シドニー)
2/25(土) Jリーグ開幕戦(おそらくアウェー)
2/28(火) ACL第2節vsFCソウル(埼スタ)
3/4or5 Jリーグ第2節(おそらくホーム)

改めて見ると鬼のようなスケジュールになっている。

FCソウルとはACLとさいたまシティカップの両方で対戦することになる。

川崎フロンターレが優勝した場合

続いて、川崎フロンターレが優勝した場合、浦和レッズはGroup Gに入ることになる。

・Group G
広州広大(中国リーグ王者)
水原三星(韓国カップ戦王者)
浦和レッズ(日本第3代表)
東方(香港リーグ王者)

・日程
2/12(日) さいたまシティカップvsFCソウル(駒場)
2/22(水) ACL第1節vs水原三星(埼スタ)
2/25(土) Jリーグ開幕戦(おそらくアウェー)
3/1(水) ACL第2節vs東方(香港)
3/4or5 Jリーグ第2節(おそらくホーム)

ゼロックススーパーカップがないこと、シドニーに行くよりは香港に行った方が移動距離が短くなることは日程的に助かるのではないか。

鹿島と川崎どちらを応援するべきか

ここまで、鹿島と川崎が優勝した際の、ACLの組み合わせ及び日程についてまとめてきたが、川崎が優勝した場合の方が日程面で圧倒的に有利であることがわかる。

というよりは、鹿島が優勝すると恐ろしい日程になってしまう。

特にゼロックススーパーカップを戦って中二日でシドニーでの試合は選手にとって大きな負担になると考えられる。

組み合わせ面では、どちらのグループに入ってもFCソウルと広州広大という強豪が待っているので、どちらにしろ厳しい戦いが待っているだろう。

ただ、Group Fに入った場合は、FCソウルに加え、上海上港と戦わなくてはならない。

来シーズンからオスカルが加入し、ますますタレントが揃った上海上港を相手にするのはかなり厳しい戦いになることが予想される。

一方で、Group Gには香港リーグ王者がいる分、少しは楽なグループになると考えられる。

ここまでのACLの組み合わせと日程面から考えると、浦和レッズとしては川崎フロンターレを応援するべきであると思う。

ただ、確かに鹿島が優勝した場合には鬼のような過密日程になるけれど、ACLを勝ち進んでいったら、リーグ終盤にさらなる過密日程が待っているのではないだろうか。

過密日程を言い訳にしているようでは、いつまでたってもアジアチャンピオンには返り咲けないような気がするし、こういう過密日程に耐えられるだけの戦力は揃っている、というか揃っていないとそもそも長いリーグを戦い抜けないと思う。

なので、ちょっと川崎よりの気持ちではいるけれど、与えられた状況で選手をしっかりと後押しできるように、ドンと構えて結果を受け入れたいと思う(そもそも自分たちが負けた時点でとやかく言える立場ではないと思うので)。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする