レッズサポが悔しさを押し殺して見た 鹿島vsオークランドシティ

移籍情報などの明るいニュースが出てきたここ数日で、やっと土曜の悪夢を忘れられるかなと思っていたところでクラグワールドカップが開幕。

忘れかけていたあのなんとも言えないモヤモヤがふつふつと湧き上がってきた。

きっと試合を見たらさらに悔しさとか色々な感情が湧いてくるのだろうと思う反面、もし鹿島が負けたら逆にスッキリするんじゃないかという期待感もあり、テレビ観戦をすることにした。

日本の代表として鹿島がんばれ!

なんて思えるほど私の心は広くなく、まあどちらが勝とうがどうでもでもよかったので、とりあえずオークランドがんばれと思いながら見ることに。

右上に表示されている「Jリーグ王者鹿島」というテロップと、時折実況から聞こえてくる「勝負強い鹿島」という言葉に、違和感と心をチクリと刺されるような感情を持ちながら試合を見ていたが、前半は時が静かに流れるような退屈な試合という印象をだった。

普段カウンターでしか攻撃の形を作れないチームが、久しぶりにボールを持って主導権を握り、どうしたらいいかわからなくなってしまう典型的なパターンだったように思う。

後半に入り、オークランドが先制点を奪った時には、もしかして鹿島負けるんじゃない?という期待感が生まれたが、結局途中出場の金崎の活躍で逆転勝利してしまった。

一度は期待しただけに、無駄にがっかりさせられた気分になった試合であった。

セミプロのチームに先制点を奪われ苦戦したというのに、またこれで「勝負強い鹿島」って言われ続けるんだろうと思うと、これだけは本当に納得いかなし、本当はレッズがここにいたはずなのにという思いがすごく込み上げてくる。

しかし、それと同時に、来年はアジア王者としてこの舞台に立つレッズが見たい、というポジティブな感情も湧いてくる。

数日前まではポジティブな感情など全くといていいほど湧いてこなかった中で、自分が少しは来年に向けて切り替えができているんじゃないかと確認できただけでも、この試合を見た価値はあったのではないかと思う。

鹿島に関しては、セミプロ相手にあのような試合をしているようでは、あまり期待できないので、結果を確認するくらいで十分であろう。

レッズはすでにオフに入ってしまったので、来シーズンに向けて、ポジティブな話題を探しながら、前を向いて進んでいきたいと思う。

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする