[選手講評]浦和vs鹿島〜武藤、李、興梠のプレーを振り返る〜

image

前回に続き鹿島戦の選手評価&コメントしていきます。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

今回は武藤興梠選手です!

スポンサーリンク

武藤雄樹 5.5

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6
試合開始早々、右サイドからのクロスに頭で合わせて先制点を奪ったかに思われましたが、オフサイドの判定でノーゴールとなりました。
その後は、相手DFの後ろからの厳しいプレスの前に、ボールがなかなか収まらず、簡単にボールロストする場面がほとんどだったのではないでしょうか。
最近の武藤は、後ろから厳しくこられると、自分の思ったようなプレーがほとんどできていないように感じます。
第2戦で鹿島DF人は相当厳しくくると思うので、もう少しワンタッチプレーの精度を上げるなど対策をしてほしいと思います。
守備面に関しては、前線から積極的にプレスをかけて相手のミスを誘うなど、効果的なプレーができていると思うので、後はFWとしての仕事をしてほしいと思います!

李忠成 6.0

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6
高木に代わって久しぶりの先発出場となりました。
試合開始から非常に運動量が豊富で気持ちが伝わってくるようなプレーをしてくれたと思います。
守備では、カウンターを受けた場面で、最終ラインまで全力で戻って対応するなど、無失点勝利に大きく貢献したのではないでしょうか。
しかし、攻撃面に関しては、興梠、武藤とのコンビネーションがいまひとつで、パスミスなど簡単にボールを奪われるシーンが目立ちました。
全体的に悪くはなかったですが、やはり李は後半の途中からジョーカー的な存在で投入する方がいいのかなと思ってしまうようなプレーだったと思います。

興梠慎三 6.5

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6
試合を通して、チーム全体がなかなかいいリズムで攻撃ができていない展開の中、興梠はさずがのキープ力でうまくボールを収めることができていたと思います。
また、後半のPKをもらったシーンでは、微妙な判定ではありましたが、前半からファールすれすれのタックルをしてきていた鹿島DFをうまく利用したプレーだったと思います。
結果的にこのPKが決勝点になったわけですから、非常に大きなプレーだったのではないでしょうか。
そして、途中交代する際にも、自分が交代だと気がついているのにわざと気づかないふりをして、ピッチの外から何食わぬ顔でピッチ内に戻り時間を稼ぐなど、本当に賢い選手だなと改めて感じました。
第2戦では、興梠自信のゴールで、レッズを優勝に導いて欲しいと思います!

今回の記事は以上です。

次回は関根、青木、ズラタン選手にコメントしていきます!

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする