[選手講評]鹿島のきついプレッシャーに苦しんだMF陣

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6

前回に続き鹿島戦の選手評価&コメントしていきます。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

今回は柏木阿部宇賀神駒井選手です!

スポンサーリンク

柏木陽介 6.0

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6

永木、小笠原を始めとする鹿島の中盤のプレッシャーがかなりきつくなかなか思うようなプレーをさせてもらえませんでした。
ボールを受けてもあまり前を向けず、横や後ろへのパスがほとんどで、決定的なパスを供給するシーンはほとんどなかったのではないでしょうか。
それでも、守備面では素早いプレッシャーや鋭いスライディングでボールを奪うシーンが見られるなど、ボールを奪われた後の対応は良かったと思います。
また、興梠がPKを得た場面は、通常よりも少し前にポジションを取り、柏木が良い状態でボールを受けた結果生まれたシーンだったと思います。
CKに関しては、体格で劣る鹿島に対して、単純にクロスを上げても得点の匂いが全くしないのでもう少し工夫した方が良いのではないでしょうか。

阿部勇樹 7.0

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6

PKの場面では、先制点がどうしても欲しかった展開の中で相当プレッシャーのかかる状況でしたが、落ち着いて真ん中に決めました。
あのメンタルの強さは流石の一言です!
また、この試合では、積極的に前線に追い越していく場面や、ドリブルで持ち込んでいく場面が良く見られました。
攻守にわたりレッズの勝利に貢献したのではないでしょうか。
試合中はあまり目立つことがありませんが、本当に頼りになるキャプテンだと思います。

宇賀神友弥 6.0

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6
怪我から復帰して初めてのウイングバックでの起用となったため、かなり久しぶりのポジションでプレーをしましたが、守備に重点を置きながら、うまくプレーできていたと思います。
対峙した西や遠藤に球際で激しくあたり自由にプレーをさせていませんでしたが、何本か起点を作られてしまう場面も見られました。
鹿島の攻撃がサイドからしかなかったこともあり、かなり負荷もかかっていたと思いますが、フル出場で完封勝利に貢献したと思います。
もう少し攻撃面でも積極的なプレーができれば、逆サイドの攻撃の活性化にもつながると思いますし、良かったのではないでしょうか。

駒井善成 5.5

cs1st%e9%b9%bf%e5%b3%b6
この試合では常に1対2の状況を作られてしまい、持ち味のドリブルがほとんど活かせていませんでした。
前半に一度だけサイドから相手を振り切ってクロスを上げたシーンがありましたが、精度が悪くゴールにはつながりませんでした。
また、2シャドーとのパス交換もあまりうまくいっておらず、なかなか効果的な攻撃ができていなかったのではないでしょうか。
第2戦では切り替えて駒井のドリブルで鹿島の守備をかき回してほしいと思います!

今回の記事は以上です。

次回は武藤、李、興梠選手にコメントしていきます!

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする