データで振り返る!〜浦和レッズのJリーグ2016シーズン〜

11月3日の横浜FM戦を戦い終え、2016年のリーグ戦の日程を全て消化しました。
まだ、天皇杯とCSが残っていますが、とりあえずリーグ戦が終了したということで、今シーズンの浦和レッズの年間成績試合平均データをまとめてみました!

スポンサーリンク

年間成績

まずは、年間成績です。
ペロトビッチが就任した2012年からの5年間の成績を以下の表にまとめました!
今シーズンの成績で過去5年間のうち、最も優れていた値を赤文字で示しています。

 順位勝点得点失点得失
20161位742356612833
20152位722194694029
20142位62188852322
20136位581779665610
20123位5515101047425

年間順位はもちろん10年ぶりの1位なので、ここ5年では一番の成績ですね!
その他にも勝点、勝数、失点数、得失点差でここ5年で一番の成績を残しています!
さらに、勝点、勝数はレッズのクラブ記録を更新し、失点数もクラブ記録に並ぶなど、レッズ史上最強のチームといっても過言ではないと思います!
また、ここ数年の課題であった得失点差も得点は去年より少なかったものの、失点数を減らすことでリーグNo.1の数字を出しています!
浦和レッズの黄金期の始まりを予感させるようなシーズンだったと思います!

試合平均データ

続いて、試合平均データをまとめました!
リーグ順位トップ3のデータを赤文字で示しています。

本数(試合平均)2016リーグ順位リーグ平均2015
ゴール1.72位1.32.0
シュート17.41位13.216.7
枠内シュート5.51位4.25.6
パス599.82位481.4569.5
クロス19.12位15.417.4
直接FK13.43位12.413.3
間接FK2.111位2.42.3
CK6.31位4.85.5
ドリブル16.32位13.214.9
タックル20.712位21.120.9
クリア17.717位22.818.8
インターセプト2.89位2.83.6
オフサイド2.311位2.31.8
警告1.017位1.41.3
退場08位00.1
ボール支配率58.3%1位50.0%58.9%

シュート数、枠内シュート数は共にリーグトップの値でした。
「ゴール前でちまちま繋いでないでシュート打てよー」とか「シュート枠に飛ばせよー」とか、結構試合中は思っていましたが、意外と精度の高いシュートを打っているのですね!驚きました!
また、パス数、クロス数、ドリブル数がリーグ2位の値でした。
パスとドリブルをうまく使い分けて効果的な攻撃ができているということでしょうか。
パス数リーグトップの川崎のドリブル数がリーグ11位、クロス数は15位ですから、レッズの攻撃の多彩さがよく表れているのではないでしょうか。
一方で、CK数がリーグトップの数字であるのが少し気になりますね。
そんなにCKがあったのに、CKからの得点ってほとんど記憶にありません。。。
これは非常にもったいないと思います!
リーグで一番CKをもらえているのですからこれを活かさない手はないですよね!
ペトロビッチはセットプレーの練習をしないことで有名ですが、そろそろ取り入れてもいいのではないでしょうか。
最後になりますが、警告数がリーグで二番目に少ないことは非常に素晴らしいことですね!
フェアプレーでリーグ優勝!素晴らしいと思います!

今回の記事は以上です。

今後、さらに詳しい試合データや選手個人のデータもまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする