2S第13節 vs広島〜柏木、阿部、関根、駒井〜

前回に続き広島戦の選手評価&コメントしていきます。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

今回は柏木阿部関根駒井選手に採点&コメントしていきます!

柏木陽介 6.5

1点目、2点目共に攻撃の起点になり、チームに勝利をもたらしました。特に、興梠が決めた2点目のシーンではアシストした高木への絶妙なスルーパスで得点につなげました。あのシーンは、パスを出す直前の溜めが絶妙でしたね。また、守備面では最終ラインまで戻り、ウタカのドリブルを阻止するシーンや、セカンドボールへの反応も速く、流れを相手に渡さなかったと思います。しかし、試合終盤の決定機は得失点差を稼ぐためにも決めて欲しかったですね。キーパーの逆をついてニアサイドにシュートを打ちましたが、素直にファーサイドに打った方がいいところに飛んだかもしれませんね。

阿部勇樹 6.0

前半何本か駒井へのサイドチェンジのボールを供給しましたが、駒井のトラップが下手すぎて攻撃には繋がりませんでした。ただ、阿部自身も相手が引いてパスコースを限定してきた中で、ボールを持ち出し奪われたり、パスミスをしてカウンターを受けたりする場面がときどき見られたので注意が必要だなと感じました。

関根貴大 5.0

ミキッチにこれでもかというほどやられてしまいましたね。ここまでボロボロにやられている関根を見たのは久しぶりのような気がします。さらに、ポジションを変えた左サイドでも、対峙した柏に何度もドリブルで切れ込まれるなど終始不安定な守備を露呈してしまいました。また、攻撃面でも、1対1で簡単にボールを失うなど、ほとんどチャンスに絡むことができていませんでした。幸い?にも次の試合は出場停止ですので、一度気持ちを切り替えて残りの試合でチームに貢献してほしいですね。関根のドリブルはスタジアムの雰囲気を変えられるほどレッズの強い武器になるのでかんばってほしいです!

駒井善成 5.0

トラップ、ドリブル一つ一つの精度がかなり低く、特にトラップは相手ディフェンスに常に狙われていました。チャンスになりかけているところで、簡単なトラップミスでボールを失うと流れが悪くなりかねないので、しっかりと練習してほしいですね(かなり鋭いパスもありますが、レッズの選手として試合に出ている以上ピタッと止めてほしいものです)。しかし、前半の高木に出した決定的なパスなどチャンスも作り出せているので、悲観せずに見守りたいと思います。また、次戦は関根が出場停止なので先発が濃厚であると予想されるので、この試合でのミスを活かせるように頑張ってほしいです!

今回の記事は以上です。

次回は武藤、高木、興梠選手にコメントしていきます!

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする