2S第13節 vs広島〜西川、那須、森脇、宇賀神〜

広島とのホームゲームで見事3-0で勝利し、リーグ戦3連勝となりました!

相手がPKを外してくれたり、決定機を外してくれたりと、運が良かったのもありますが、2ndステージ首位キープ!年間でも川崎との得失点差をつめることができました!

それでは選手個人に採点、コメントしていきます!

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

まずは西川那須森脇宇賀神選手です!

西川周作  7.5

この試合はスーパーセーブ連発で、おそらく4、5点分は防いだのではないでしょうか。西川でなければ負けていたかもしれません。ただ、ワンプレーだけ、青山にボールをカットされたシーンでは少しヒヤッとしましたね。あれが青山でなく足の速いFWだったらと思うとゾッとしますが、スーパーセーブ連発に免じて忘れましょう!笑

今シーズンはなかなか無失点で抑えられる試合がなく、西川も悔しい思いをしていたと思います(全ての失点が西川のせいではないですが)。ただ、本人もヒーローインタビューで言っていた通り、西川がサッカーを楽しんであそこまで乗ってくると相手としては点を取るのが相当厳しいと思います。残りの試合もサッカーを楽しんでスーパーセーブ連発に期待したいですね!

那須大亮  6.0

結果的に無失点で終われましたが、ウタカに簡単に裏を取られるシーンなど、失点に直結しかねないプレーが見受けられました。強い相手になってくるとちょっとの判断の遅れで決定的な場面を作られてしまうので、気をつけたいところです。ただ、西川が交わされた後のシュートブロックをした場面では集中して良いカバーリーングができていたと思います。次のガンバ戦では、アデミウソン、長沢と異なるタイプの相手に対応しなければならず、特にアデミウソンは那須の苦手なタイプだと思うのでしっかり対策してほしいと思います。

森脇亮太  6.0

攻守共に特に目立った活躍はできませんでした。攻撃のシーンではやはり駒井との相性が良くないのか、タイミングが合わずパスミスになる場面が見られました。また、持ち味の一つである効果的な縦パスもあまり入っていませんでしたね。守備面では、かなり多くの決定機を作られてしまいました。これは森脇個人の問題ではありませんが、DFラインでしっかり修正してほしいですね。

宇賀神友弥  7.0

今回の試合は宇賀神のユーティリティ性が良く出た試合だったと思います。前半は左ストッパーに入り、関根がミキッチにボロボロにやられていたところをうまくカバーし、持ちこたえていました。また、後半からは左ウイングバックとしてミキッチと直接対峙し、見事に抑え込むことができていました。そして、高木のゴールをアシストした場面では、あえて中にポジションを取ることで相手を撹乱し、フリーになることで決定的なパスを供給することができたのではないでしょうか。派手なプレーではありませんが、今回の試合の勝利に大きく貢献したと思います!

今回の記事は以上です。

次回は柏木、阿部、関根、駒井選手にコメントしていきます!

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする