2S第11節 vs鳥栖〜柏木、阿部、関根、宇賀神〜

前回に続きサガン鳥栖戦の選手評価&コメントしていきます。

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

今回は柏木阿部関根宇賀神選手にコメントしていきます!

柏木陽介 6.0

特に大きな活躍は見せられませんでしたが、セカンドボールへの素早い反応や、豊富な運動量でプレスをかけボールを奪うシーンは随所で見られました。しかし、ボールを奪った後の早い展開の中でパスミスが数回見受けられ、本調子とまではいかなかったように感じました。

阿部勇樹 6.5

武藤の2点目に繋がる関根への縦パスは、スタジアムにいたほとんどの人の意表をついたのではないでしょうか。私ももう一つ外側の森脇に出すと思ったので完全に意表を突かれました。笑 その他にもあまり目立ちませんが、縦パスのインターセプトや、相手の2列目からの飛び出しに対するカバーリングなど阿部選手らしいプレーがかなり多く見られました。今回の試合では最終ラインでのパスミスもほとんどなく安心してみていることができました。

関根貴大 7.5

先制点のシーンではサイドでうまく粘ってゴールに繋がるプレー、2点目は後方からのパスをうまくコントロールし、絶妙なスルーパスでゴールをアシストしました。相手の左サイドバックの吉田選手はかなりフィジカルが強く、前半はドリブルで仕掛けても抑え込まれるシーンが続きましたが、素晴らしい対応力で試合を通してみれば、関根選手が圧倒していたように感じました。関根選手の場合はフィジカルで劣る相手をいかに攻略するかが鍵になってくると思うので、より自信がついたのではないでしょうか。

宇賀神友弥 7.0

先制点を決めた場面では宇賀神らしからぬ非常にリラックスしたミドルシュートを決めました。また、攻守にうまくバランスをとり、チームの勝利に大きく貢献したと思います。普段は後半途中で交代することが多いですが、今回の試合ではフル出場を果たしました。ウイングバックはおそらく一番負担のかかるポジションなので素晴らしい運動量だと思います。試合終盤のサイドを駆け上がり、李選手へ絶妙な落しをした場面も得点にはつながりませんでしたが、効果的なプレーだったと思います。終了間際、相手の谷口選手に決定的なヘディングシュートを打たれた場面では、マークを外してしまったので、最後まで集中できていれば完璧だったのではないでしょうか。

今回の記事は以上です。

次回は、武藤、高木、ズラタン選手にコメントしていきます!

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする