2S第11節 vs鳥栖〜西川、那須、森脇、槙野〜

2ndステージで好調のサガン鳥栖との試合で2-0と見事に完封勝利を収めました!リーグ戦は連敗中だったので、連敗を断ち切ることができ良かったです!しかし、本当に上位対決なのかと思うほど鳥栖のプレーはパッとせず、少し退屈に感じる試合内容でした。鳥栖のような相手には先制点を取ることの重要性を改めて感じましたね。

それでは出場選手一人一人に勝手に採点&コメントしていきます!

※選手名横の数字は私がつけた採点です。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価しています。

まずは、西川那須森脇槙野選手です。

西川周作 7.0

先制直後と試合終了間際に相手の決定機を阻止したプレーはさすが西川といったプレーでした。特に先制直後のプレーで失点をしていたら全く違う試合展開になったと思うので、西川の活躍はチームの勝利に大きく貢献したと思います。さらに後半の攻撃がうまくかみ合わず押し込まれていた時間帯には、西川のところでうまく時間を使い、チームに落ち着きを取り戻す時間を作り出しており、地味なプレーではありますがかなりのファインプレーだったと思います!今後の試合でも無失点でいきたいところです!

那須大亮 6.5

試合を通して退治していた豊田に対して、競り合いではほとんど勝っていましたし、勝てないときも自由にやらせないプレーができていたと思います。鳥栖は豊田を押さえ込まれるとほとんど何もできていないように感じました。鳥栖のようにロングボールを

主体に攻めてくるチームに対しては、遠藤よりも那須がセンターに入ったほうが効果的なように思います!しかし、数回豊田に裏を取られ、ヒヤッとする場面もありましたので、そこは課題かなと感じました。

森脇良太 6.5

相手の縦パスに対して積極的にインターセプトを狙いに行き、ほとんどの場面でボールを取りきり、前線にパスを今日できていたため、非常に良かったと思います。ただ、あのプレーはボールを奪いきれず、入れ替わられてしまうと、一気にピンチになるのでリスク管理はしっかりとしたいところです。さらに、今日の試合では、いつもよりミドルシュートを打つ回数が多く、引いてくる相手に対しては有効な攻撃ができていたのではないでしょうか。

槙野智章 6.5

鳥栖のようにフィジカルを前面に押し出してくる相手に対して、槙野のような選手がいると球際での勝負に勝てるので、彼の存在は非常に大きかったと思います。さらに1対1の勝負でも相手を完全に抑え込めており、守備に良いリズムをもたらしてくれました。しかし、最終ラインからボールを持ち出した後、中途半端な位置でボールを奪われ、カウンターを喰らう場面が数回見られました。守備のバランスが崩れた状態でカウンターを受けることになるので、ああいったプレーはなくしてほしいと思います。

今回の記事は以上です。

次回は、柏木、阿部、関根、宇賀神選手にコメントしていきます!

スポンサーリンク
inポイント誘導
最後までご覧いただきありがとうございます!
下矢印
下矢印
inポイント誘導
↓ブログ更新の励みになりますので、よろしければクリックお願いします。
ブログ村レッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする